ひざ痛と整体

ひざ痛の一般的な原因としては、変形性膝関節症があります。
変形性膝関節症とは、筋力低下、加齢、肥満などがきっかけにより膝の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり、変形や断裂を起こし、多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みが出るとされています。
膝関節のクッションの役割をする膝軟骨や半月板が長期間に少しずつすり減り変形する事で起こるものと、関節リウマチや膝の怪我などの原因によって引き起こされるものがあります。

カイロプラクティック(整体)では、まず膝の8方向の動きを検査します。具体的には、圧縮、伸長、前後、左右側方、左右回旋です。これらの動きが正常であれば、膝の痛みは膝そのものが原因ではないと考えますので膝への施術はせず、他の原因である場所を見つけて施術をします。

他の原因としては、骨盤、腰椎、股関節の歪みや、足関節の歪み(捻挫の後遺症)が多いです。それらの歪みで膝に繋がっている神経が圧迫されて痛みが出ますし、身体のバランスが崩れ、膝に負担をかけます。
原因の場所をしっかり対応する事により、神経圧迫が解消され、脳脊髄液等の体液の循環が良くなり膝の水が溜まるのも無くなるので、膝の痛みは改善されます。自然治癒力により身体のバランスが良くなり膝への負担が無くなります。

ひざ痛(膝の痛み)への対応は、松戸の整体 黒岩カイロプラクティックオフィスへ。松戸の整体のカイロプラクティックでしっかり対応いたします。