坐骨神経痛と整体

坐骨神経痛の原因は、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などとされています。

症状としては、下肢の痺れ、知覚鈍麻、歩行障害などが見られます。

坐骨神経は第4~5腰椎~第1,2,3仙椎から出て仙骨神経叢に集結し、そこから坐骨孔を通り、梨状筋下孔から出て大腿後面を垂直に下降し、足底まで繋がっています。坐骨神経は人体で一番太い神経です。坐骨神経痛は坐骨神経上に沿って痛みが出ます。
両側の坐骨神経痛は、悪性腫瘍や糖尿病性の神経の退行変性の可能性があるので、両側に症状がある場合は医療機関での検査が必要です。また、両側の坐骨神経痛の力学的な原因には巨大中心性ヘルニアや運動分節の重篤な退行変性が挙げられます。

カイロプラクティック(整体)では、何によって坐骨神経を圧迫しているのかを見極め施術します。歪みを矯正するのはもちろんですが、梨状筋問題の場合には、梨状筋が伸張してしまって坐骨神経を圧迫しているので、梨状筋を短縮させるような施術をします。
坐骨神経痛のある場合日常生活で気をつけることは、腰を捩じらない事、大腿後面やふくらはぎのストレッチをしない事です。

カラダをしっかり快調にしたい方は、松戸の整体 黒岩カイロプラクティックオフィスにお越しください。
まずは現状を把握させていただきます。その後はカイロプラクティックによってしっかり治していきましょう。
結果重視の施術でプロのアスリートのケアも担当している松戸の整体 黒岩がしっかり対応いたします。