捻挫(ねんざ)の後遺症と整体

足関節の捻挫をした事がある人は多いと思います。
痛みが無ければ治っていると思われるでしょうが、実は治っていなくて後遺症が残っている場合が多いです。

足関節の捻挫では大抵は、距骨と踵骨の間ある骨間距踵靭帯が損傷され、捻じれたままや伸びきってしまいます。この事により足関節の後遺症では、足が内側を向いたまま(内反)の状態や足の動きが悪くなってしまっている状態です。
足関節の後遺症により、身体のバランスが崩れて骨盤の歪み、腰痛、膝痛、身体の冷えなどの問題が出てきます。

「捻挫して以来歩きづらいとか、何となく体調が良くないと思い当たる方もいませんか?」

簡単に言うと、下が崩れるので上まで崩れてくるのです。捻挫だからと言って軽く見てはいけません。松戸の整体を受けてきちんと治される事をお勧めします。
カイロプラクティック(整体)の施術では、骨間距踵靭帯にアプローチしていきます。固有受容器を回復させて、骨間距踵靭帯を元の状態に戻します。
捻挫はかなり強い外力がかかって起こるので、戻す時もそれなりの力をかけるので少し痛みがあるあるかもしれませし、古い捻挫ですとかなり回数をかける必要があります。

まずはしっかり症状を把握いたします。カイロプラクティックであなたの体の不調を改善していきます。
松戸の整体 黒岩カイロプラクティックオフィスで一緒に治していきましょう。