施術ブログ①噛み合わせまでも影響

9e6f47b88e1b13db23092208d6f2dc93_s
40代男性で主訴は腰痛で来店されました。

まずは全身を触診。
腰が痛いからと言って腰が悪いとも限らないので全身の歪みを診て行きます。
足首の動きをチェックすると、かなりの動きの悪さがあったので、
「過去に酷い捻挫はなかったですか?」と尋ねると、昔に結構酷い捻挫をしたとの事でした。明らかに足関節捻挫の後遺症である。
この足の歪みが腰痛の原因にかなり関係しているはずなので骨間距腫靭帯の調整をしました。
調整後立って歩いてもらうと、歩きやすく、腰痛もかなり楽になっているとの事でしたが、それに加えて「あれ、何か噛み合わせも変わっています。」と驚いていました。

この方は酷い足関節捻挫により頭蓋骨まで歪みが生じ、噛み合わせにも影響が出ていた様である。
改めて足関節捻挫が全身の歪みに影響を与えるのだなと再確認しました。

捻挫の痛み・後遺症でお悩みの方は是非こちらのページもご覧ください。