骨盤矯正について

骨盤の構造と機能

骨盤は仙骨と二つの腸骨、恥骨、坐骨、尾骨、から構成されています。これに第五腰椎、股関節(大腿骨頭)が含まれます。骨盤には子宮や卵巣、腸の下部等の内臓を支持し保護する機能があります。
また、股関節を通して伝わってくる地面からの反作用力を吸収し、体幹の重量を下肢へと伝える中継点としても機能しています。そして股関節や仙骨のうなずき運動などでバランスを取っています。
また、仙骨が(後頭骨も一緒に)動くことにより脳脊髄液を循環させています。
骨盤の歪みとは

本来骨盤は歪むようにできています。背骨、骨盤を歪ませて重力を分散させて身体の負荷を最小限にしてくれて、身体を常に良い状態に保ち、痛みを感じないようにしてくれるのです。
この骨盤の歪みは通常寝ることでリセットされるのですが、歪みが耐久性を超えてしまうと、筋肉が緊張し歪んだまま身体を固定させてしまうのです。この様に固く動きがなくなった状態が問題のです。
歪んでいても柔軟性があり、正しく歪める骨盤であれば問題はないのです。
(通常、柔軟性のある骨盤は捻じれもありません。)
骨盤が歪むと

骨盤は脊柱の基礎(土台)なので、骨盤が歪むと身体の他の部分のバランスも崩れてきます。骨盤の中でも仙骨がストレスにより変化します。仙骨には脊髄硬膜が付着しているので、仙骨が歪む事により脊髄硬膜が捻じれて脊髄レベルの機能不全を起こし、姿勢のバランスをとるために椎骨の位置が変化し、椎間孔の形状が変わり神経圧迫を起こします。
骨盤が歪む事により、骨盤を支えている筋肉が歪んだ骨盤に引っ張られ、まずは腰痛が起きやすくなります。さらに骨盤に付着している筋肉は足や肩、首にまで付いているので骨盤が歪んだだけで膝の痛み、冷え、肩こり、頭痛、だるさなども起こします。

※骨盤矯正とは、骨盤が正常に働ける状態にして自然治癒力が働ける様にする事です。
痩せるためのものではありません。

骨盤矯正の早期対応は、松戸の整体 黒岩カイロプラクティックオフィスがしっかり状況を把握いたします。
まずは一度、松戸の整体にお越しくださいませ。